スキンケアの基本はクレンジング&育毛剤とシャンプー列伝blog2

ついに洗顔からクレンジングに基本が移転しました。列伝です。

テレビの影響でレスベラトロールサプリの販売も増えている?

レスベラトロールのサプリメントを調べて見ると、すでに色々な種類が販売されています。

商品によりレスベラトロールの含有率が大分異なり、多いもので1粒あたり20mmg位のようです。購入する場合はその辺りも注意した方が良さそうです。昔から「腹八分目」って言いますが昔の人は経験則でわかっていたんですね。昔から続く伝統的なアンチエイジング方法だと思います。

テレビの影響でレスベラトロールサプリの販売も増えている?

寿命を延ばすと言われているレスベトラロール

去年、NHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる~発見!長寿遺伝子~」で長寿遺伝子「サーチュイン」が発見されたとの番組が放映されました。

その遺伝子は普通は働いていないが、取得カロリーを30%カットすると働き出し、寿命が10~20年程度伸びるという事。まさに直球のアンチエイジングだと思いました。

寿命を延ばすと言われているレスベトラロール

個人的に考えた保湿クリームの使い方

私は、乾燥肌で悩まされています。特に、自分が乾燥肌であることをつらいと感じるのが、冬です。特にスキンケアが大変になる季節に感じます。

冬の時期は、空気が乾燥しやすくなるので、お肌も身体の中も、乾燥状態が続きやすくなります。私は冬に、仕事から帰ってくると、お肌の皮がめくれてしまったりと、目で見て分かる程に、お肌の状態が悪化しているのがわかります。

個人的に考えた保湿クリームの使い方

シャンプーで良く配合されている馬油について

馬油は、シャンプーで配合されていることで私の場合には知りましたが、基本的には馬油100%とかで使用されているクリームなどが昔からあります。


口の中にも使用出来るほどやさしいものですが、シャンプーなんかにも配合されていると植物性と動物性との違いがありますが、同じ油ではあるので、髪に艶が出たりしやすいです。



べたつきにくいのも特徴?

肌なじみが良いので、浸透しやすく油特有のベタベタ感がしにくいのが特徴かもしれませんね。

オイル類って結構食用油とかバターとかラードを連想するので、手に付くとベタベタして洗っても中々落ちないですよね。

ですので、シャンプーとかに配合されていると中々すすいでも落ちないのでは?と思ってしまう事もあるかもしれません。

しかしシャンプーにはオリーブオイルとかも配合されている場合とかと同じですぐに落ちます。

本来は髪に艶などが出やすい成分でもありますが、男性向けのシャンプーになると頭皮ケアや育毛などを考えている人に人気がある傾向があるようです。



シャンプーで良く配合されている馬油について

背中の産毛を綺麗にしたい!

背中というと中々自分で見ることが出来ないので、背中に産毛が多いかどうかというのはわからない場合も多いかもしれません。

お腹周りのちょうど横の部分に産毛みたいなのがあればそのまま背中の部分までつながっている可能性がありますが、特に背中でも肩甲骨と背骨の間とか見えにくいですよね。

鏡で確認するという方法をする場合があるかもしれません。


肩口の部分は毛穴の黒ずみやニキビのトラブルも多い?

背中の産毛とか一番目視で分かり易いのは肩口の部分かもしれません。

この部分は特に産毛などもありますが、ニキビや黒ずみなども出来やすい場所です。

背中の場合には洗いにくいというのも関係しているかもしれませんが、肩口の部分は体が硬くても難なく洗えるところですが、赤くなったニキビや黒ずみなどが多く出やすいですよね。

こういった肩口の部分は産毛よりも毛穴のトラブルなどが関係しやすいですが、意外とシャンプーのすすぎ液やボディソープに使用されている泡の元でもある界面活性剤との関係があるかもしれません。


シャンプーを変えたら肩口が綺麗になった

私の場合には一時期フケが出たのでシャンプーを変えてみましたが、フケが止まった上に肩口のニキビみたいなのも綺麗になりました。


やっぱり産毛処理をする際も同じことが言えますが、肌や毛穴に負担が少ない方法をしていくのが良いかもしれません。


背中の産毛を綺麗にしたい!

顔の産毛について思う事?

男性の場合には髭がありますが、産毛ではないですよね。

最初の頃は産毛かというと結構1本だけ太いのが生えていて段々1本が2本という感じで増えていくというのがあるかもしれません。

そういったのが続いていきますが、かみそりとか髭を剃るようになると一気に濃くなるよというのを聞いたことがありますが、髭を剃るようになってから髭って濃くなったな~と結局そういった影響を感じます。


男性でも髭の濃さは違う?

男性でも髭の濃さはまちまちではないでしょうか。

私の場合にはそこまで髭は固くはないですし、範囲も広くありません。

髭を伸ばす場合には、少し硬めの方が良いですが、結構薄目な感じなので伸ばさないと立派な髭には見えませんね。


濃くはないけど密集しいていると目立ちやすい産毛

さて顔の産毛ですが、女性の多いのが特徴かもしれません。男性の髭が生える部分の場所といえばその通りですが、口の周りや顎の部分に産毛が生えやすいです。産毛が生えているという事で顔が濃くみられやすいというのがあるかもしれません。


産毛でも黒々したタイプというのではなく、白に近いような灰色に見える薄さですよね。顔に使用できるクリームとかはまず除毛は使えないので、パスする方が賢明ですよね。ですので、抑毛剤とか抑毛クリームというのが該当すると思います。顔に使用できるという事で保湿ローションなどにも兼ねられるけれども効果のほどはほとんど個人的には謎に近いかな?という風に思います。


これで効果が出れば楽だし、何といってももっと知名度が高くなっていると思うので、謎と称したのはそういった理由です。



顔の産毛について思う事?

食事制限をするとあまりよくない事とかある?

ダイエットなどを通じて食事制限をしたりすると女性ホルモンの量が低下してしまう理由はあるのでしょうか?

まず食事制限をする事で食事の量が全体的に減ってしまうというのがあります。その際に大きく分けて2つ理由があるかもしれません。

食事制限をした際の大きなリスク2つは?

食事量が低下する事での空腹感です。

もう1つは栄養バランスを変えないで食事量が低下する事で栄養バランスがより崩れてしまうという2つの事が大きく影響してしまうかもしれません。空腹感というのは1つのストレスになります。


ストレスというと緊張感や一番なのは対人ストレスなど色々あります。その中でも空腹感って我慢しようと思えばできますが、脳にとってみれば一番ストレスに感じるのも直接生命に関係するからでしょう。

ですので、我慢は出来るけどホルモンなど指令を送る視床下部などを含めて脳に栄養がいかなくなるというよりはストレスを強烈に感じるので、女性ホルモンの量よりも生命の維持にスイッチが切り替わるようになるようです。


ですので、実際に空腹感のストレスと脳が感じるストレスというのはあまり一致しないというのがあるかもしれませんね。

もう1つの栄養バランスについてですが、栄養のバランスはハッキリ言って微小な栄養素などもあるので、完璧に栄養バランスを整えるというのは難しいでしょう。


バランスが悪い状態で、全体の栄養量を落としてしまうので、微小に必要な栄養素がほとんどとれなくなるリスクがあります。ビタミンやミネラルが該当しやすいかもしれませんね。


そうすると微小でも身体を円滑に機能させる栄養がストップしてしまうので、女性ホルモンなどの円滑にするための機能も低下しやすい傾向があるようです。


ダイエットととかではカロリーを制限するというのが定着してしまっているというのがこのような現象が起きやすい1つの理由かもしれませんね。


食事制限をするとあまりよくない事とかある?

ビキニラインのムダ毛処理を考えよう

ムダ毛の代名詞といっても過言でないのは、脇とビキニラインではないでしょうか。脇の場合には脇の部分が全体的にムダ毛になりますが、ビキニラインの部分は、全部ムダ毛に繋がらないのがポイントです。

ですので、水着を着た際や下着の際に目立たないようにしていければよいというのも多いかもしれません。

また剛毛に感じる場合には少し薄くしたいというのがあるかもしれませんね。ですので、脱毛以外にも良く毛とかが人気な場所でもあるようです。

ビキニラインはトラブルなども多い?

ビキニラインのムダ毛処理は丁寧に行わないと黒ずみや肌荒れなどが起きやすい場所なので、自己処理をしていく場合には丁寧にケアしていくのが大事ですよね。

摩擦も起きやすい場所は臭いが気になりやすい場所でもあります。脇とかもそうですよね。

皮脂腺なども毛穴にあったりするから蒸れたりしやすいから蒸れないようにするのも大事です。

やっぱりデリケートゾーン専用石鹸とかも多いので、特に肌トラブルなど臭いが起きやすいですよね。

頭皮も似ているかもしれませんが、頭皮も毛髪と呼ばれる毛が多いので、臭いなど気になりやすいので悩み別の製品は多かったりします。

永久脱毛も考えると良い?

ビキニラインなどもそのような傾向がありますが、やっぱりかみそりなどを活用してニキビなどが出来てしまう事も多いので、専門機関を活用するのが良いかもしれませんね。

ビキニからはみ出してしまう様な部分は、やっぱり夏の期間だけと考えず永久脱毛してしまうほうが便利かもしれないと私は考えています。

この辺りは、人によって違うというのも硬さや範囲が違うのも関係してくるかもしれません。

ビキニラインのムダ毛処理を考えよう

女性ホルモンの低下と薄毛は関係している?

女性の薄毛などにも関連する女性ホルモンの低下というのがあります。

25歳など年齢によって女性ホルモンの量が低下していき閉経を機に急激に少なくなりやすいと言われています。

そうすると肌の水分量が減ってくるので、シワなどが増えやすくなります。

分け目が目立つ場合は?

頭皮の場合には、髪の水分がなくなったように見えるし分け目も目立ちやすくなるのも髪の毛が1本1本細くなっていくので地肌が透けて見えやすいというのがあります。

ですので分け目の部分が抜け毛が増えて透けて見えるという訳ではなく、細毛によって抜け毛が増えて見えるというのが関係しているようです。

そのため女性ホルモンを出来るだけ維持できるようにしていきたいのですが、年齢以外にも減りやすい要因があったります。


女性ホルモンが減りやすい要因は?

生活面でいうとストレスなどが挙がります。


またダイエットとかでも食事制限をしてしまうタイプで栄養バランスが悪くなる場合です。栄養バランスが崩れる場合にはダイエットだけではないのですが、やはり食事量が減ってしまう食事制限では、基本的に栄養バランスを変えることはないので偏りが大きくなってしまいます。


また夏場でも保湿したほうが良いと言われているように紫外線も女性ホルモンに与える影響が強いと言われています。


また飲酒や喫煙なども女性ホルモンに影響が出やすいので、薄毛などが気になる場合には、女性ホルモンを増やす以上に減らない工夫もしてみると良いかもしれませんね。


女性ホルモンの低下と薄毛は関係している?

ムダ毛の伸びるスピードが遅くなる食材は?

ムダ毛処理などでは製品を活用する事が多いかもしれませんが、主に除毛など抑毛も含めてパイナップルの酵素を使用してタンパク質を溶かす成分を活用する事も多いです。

一方ムダ毛を処理するという以外にムダ毛が伸びるスピードを遅くするために良い食材というのはあるのでしょうか?

パイナップルの酵素でもあるプロメラインを多く取ってもあまり意味がないので、大豆というのがおすすめかもしれません。

ムダ毛の伸びるスピードが遅くなる食材は?

ムダ毛ってなんのためにあるの?

脇とかスネ毛とか人によってはムダ毛になってしまう体毛ですが、人によってというのは髪の毛も体毛の1部なので、髪の毛をムダ毛と呼ぶ人は実際に非常に少ないのではないでしょうか。

髪の毛を永久脱毛しようと思う人はほとんどいないかもしれません。ですので、脇とかスネ毛とか背中の産毛とかムダ毛と思う事がない人もいるでしょう。


体毛は何故生えてくるの?

では体毛は何故生えてくるのかというとまず男性ホルモンに関係してくるというのがあります。また体毛自体が外部からの衝撃や雑菌などから身を守るというのが考えられます。

髪の毛が一番密集している地帯ですが、頭部は一番守らなければいけない部分です。

また脇とかも腕に血液を送るうえで太い動脈もあり、急に細くなります。そして脇の部分には大きなリンパがあるので、脇の部分も濃いですよね。

またVラインやOラインの部分も重要な部分です。

比較的平らな部分というのは体毛が少ない傾向にあるかもしれません。男性では胸毛とか生えやすいというのもありますが、やはり男性ホルモンの影響なども関係してくるでしょう。


ムダ毛が多いところはシミが出来にくい?

顔の部分はうっすら産毛なども生えやすいですが、紫外線の影響というのが考えられます。

男性の髭の濃い部分ってあまりシミが出来る印象がないと思いますし、ムダ毛が多い部分ってシミとかできにくいですよね。ですので肌トラブルなどから守る役割もあります。

しかし体毛などがある影響で毛穴のトラブルなども起きやすいという影響もありますが、外部から影響を受けやすいトラブルからは、影響を受けにくいと言えるかもしれません。後は、体温調節です。

ムダ毛ってなんのためにあるの?

スネ毛のムダ毛を処理したいと思います。

男性でもスネ毛が濃い人もいるし、薄い人もいます。剛毛タイプの人もいれば、毛が細いけど細長いという人もいるので、人それぞれスネ毛の濃さは違いますよね。

髭みたいに剃れば太くなるという場合もありますが、遺伝が関係しているのがスネ毛を含めた体毛の濃さとも言えます。


ムダ毛の濃さは遺伝が関係している?

薄毛の場合には逆に毛髪がなくなっていってしまう感じですが、こちらも遺伝が関係していたりします。毛深くなるのが遺伝というのであれば、完全にムダ毛をなくしてしまうという永久脱毛以外は、ムダ毛の処理をした後、ムダ毛がまた伸びてきてしまいます。

毛根っごと潰したり毛穴を潰してしまえばムダ毛の根っこの部分なので良いのかな?と思いやすいですが、ニキビでクレーターみたいになったりするのも毛穴が複数くっついて潰れてしまったものなので、跡が残ってしまいやすいですね。

ムダ毛は美容面にとってみれば清潔感がないとか見た目の問題にかかわってくるので、脛の部分は特に見せられる部分だからムダ毛が少ない方がより綺麗に見えるというのがあるので、やっぱり気になる部分だし気にする部分だと思います。


スネ毛の伸びるスピードを抑えたい?

かみそりなどで処理していくというのも平面に近い場所なので可能ですが、後々黒いポツポツみたいに出てくるので、なるべく処理する回数というのは少なくしたいですね。

処理の回数を減らせるという事はムダ毛の伸びてくるスピードが遅くなってくるという事なので、抑毛をしていこうという人も結構多いみたいです。


スネ毛のムダ毛を処理したいと思います。

クレンジングを濃密に使っています

クレンジング
クレンジングをうまく活用しているとふと思うことがあるのですが、オイルクレンジングの石油系界面活性剤が強いのになると基本的に肌が傷むとあるのですが、石油系界面活性剤というのはクレンジングだけでなくシャンプーなどにも使用されていますよね。

刺激が強いクレンジングは濃密?

クレンジング
石油系界面活性剤が濃密すぎると基本的には刺激が強いといわれていますよね。
シャンプーとかでは石油系というよりも植物性で生成されているようですが、台所用洗剤の方が石油系になるので、毎日洗い物をしている場合に手が荒れてしまいやすい方もいればそうでもない方もいるように、
私の場合には手が荒れてしまうため基本的にクレンジングでも石油系は使用していませんが、できるだけ刺激が弱いのを使用しています。

スキンケアでもクレンジングはとても重要

クレンジング
洗顔はスキンケアの基本といわれているけれども、
やはりクレンジングも石鹸と同じように洗顔料に当たる部分があるため、
クレンジングもスキンケアの基本になるかもしれません。
スキンケアの基本でもあるクレンジングや洗顔石鹸で共通するのは汚れを落とすことになるので、
汚れを落とす時に刺激が強くて肌を痛めてその後に回復させてもプラスマイナス0のようになるのでしっかりケアしていくとやはり刺激が少ない状態で肌をケアしていくというのが効果的です。

クレンジングの種類について

オイルクレンジングは今でも主流ですが、ウォータークレンジングなどのふき取り系も簡単で人気です。
ただ肌を汚れと一緒にふき取るので、肌に傷をつけやすいというデメリットがあります。
他にも美容成分が多いリキッドクレンジングや肌を痛めにくいクレンジングリームなど選べる範囲が多くその中に商品としてのメリットなども違うのでしっかり自分に合ったクレンジングを選ぶと良いでしょう。

クレンジングが好きな理由は?

昔はあまり気にしていなかったけどクレンジングを変えたら肌の状態がグッと良くなったから。

スキンケアの内容 洗顔石鹸 牛乳石鹸
うまみのあるスキンケア成分 セラミド ヒアルロン酸 コラーゲン
燕の巣 アスタキサンチン プロテオグリカン 青じゅる
オールインワンゲル 美容液 乳液 保湿クリーム
化粧液 温泉化粧水 化粧水 ふきとり化粧水

クレンジングを濃密に使っています

無添加クレンジングは吹き出物に良い?

無添加
無添加とつくと大人ニキビでもある吹き出物によさそうな感じがしますよね。
吹き出物の場合にはデコルテに出来たりしますよね。
顔だけでなく食品にも関係していてチョコレートを食べるとニキビが出来やすいなどあったりすることもあるようです。
チョコレートのカカオなのか何が原因かは?ちょっと分からないですが、根拠となる根拠にはないようです。

白ニキビはイボだった?

無添加
吹き出物でも白ニキビみたいな場合にはイボの出来初めという場合もあるし、運動不足によって吹き出物が出来やすかったりもするそうです。
赤みが出たり赤くはれてきた場合には炎症が起きているので、私の場合にはオロナインを活用したこともありますが、
あまり吹き出物の場合には潰さないほうが良いみたいです。
自分でケアするのが大変な方はエステとか使用するのも良いそうです。
無添加クレンジングを使用しながら大人ニキビで乾燥肌の場合は保湿が大事?だと私は思います。

種類によっても色々変わる?

無添加のクレンジングも大事ですが、クレンジングの種類や形状などによって洗浄作用の成分量の割合が違う場合もあるので、そういうほうが刺激と関係する場合もありますよね。
なのでしっかり刺激を抑えたケアをしたいところです。
無添加クレンジングは吹き出物に良い?

大人ニキビで乾燥肌の場合は保湿が大事?

ニキビ
大人ニキビが出来ている場合には、ニキビのケアをする必要がありますよね。
どうしても毛穴の汚れという皮脂を取ることでニキビのスキンケアには大事ですが、やはり乾燥肌でも大人ニキビは出来やすいので保湿する事が大事なんだそうです。
保湿する事で大人ニキビの予防が出来るという事になるのですが、まずは乾燥した肌に潤いをもたらしてあげるのが大事なんだそうです。

まずは汚れを落とそう

ニキビ
もちろん大人ニキビ予防のために保湿するためにはしっかり肌が浸透するように洗顔やクレンジングで汚れを落とす必要があります。
保湿が充実してくると大人ニキビを予防できる理由は思春期ニキビと似ていて大人ニキビの場合でもホルモンバランスが関係してくる点が似ているようです。

ホルモンバランスに関係する大人ニキビのスキンケア

ニキビ
ホルモンのバランスといっても大人ニキビの場合にはホルモンの量が減少していく上でのバランスの乱れなので、女性ホルモンは肌の水分量とも関係しているので肌が乾燥しやすくなるからしっかり保湿していきましょう。
大人ニキビでも毛穴の炎症なのでスキンケアのためにしっかりクレンジングや洗顔で毛穴の汚れを落として清潔にしたいという事もあるかもしれませんが、より大人ニキビに関係がなさそうな保湿を集中的に行うほうが効果的な場合もあります。

ニキビが出来てもほしつ系女子の化粧品が大好きなブログ

ニキビ
ほしつがしっかりできている人は肌の水分量も多そうでふっくらしていますよね。
なのでニキビとかできない感じです。
保湿はシワの予防をするためただ水分量を増やすためだけでもなくニキビの予防にも必要だったりするそうですが、ほしつ系女子の化粧品が大好きなブログではニキビに悩まされた歴史をすごくヒステリーに語っていてビックリしましたが、
やはりヒステリーなのかブログが整頓されておらず読みにくいですが、ニキビに関する出来事など感想は、ためになりました。
出来れば大人ニキビもクレンジングをしっかり行って予防していきたいですね。
大人ニキビで乾燥肌の場合は保湿が大事?

化粧品でもクレンジングクリームが良さげ?

クレンジングクリーム
化粧品をもともと買うのは好きだったけどクレンジングに凝っています。
クレンジングの中でも基本的にタイプが色々あるしオイルクレンジングは色々言われているけど結構種類もいまだに多く使いやすいです。
私はその中でもクリームタイプのクレンジングクリームを使っています。
保湿しやすいからということでつかっています。

クレンジングの後も保湿しやすいクレンジングクリーム

クレンジングクリーム
保湿がしやすいからという理由だけだと使用感とか気に入らなくても使ってしまう場合はまったくないし、使用感もクレンジングクリームはいいと思います。
好き嫌いがあるので、使用感の違いはあるかもしれませんが、
クレンジングクリームが一番ソフトクリームみたいな感じでトロッとした感じがあり、使ってみても肌に優しい感じがします。
種類も結構あるので、そのなかで色々使って自分に合っているのを見つけると良いと思います。

クレンジングで洗浄力を調節する

クレンジングクリーム
ヌルヌルした後の洗顔はやっぱりサッパリさせたいところですが、
洗浄力が強い者同士だとどうしても肌は乾燥しやすいかもしれないです。
どちらかの洗浄力を弱くしたいですが、石鹸はほぼアルカリ性が多いので、洗浄力がどうしても強めです。
なのでクレンジングで洗浄力の調整を行うのも良いかもですね。

洗顔料で乾燥しやすい理由

  • クレンジングでヌルヌル洗う
  • ヌルヌル感を残したくないので洗顔をたっぷりする
  • 化粧水の水分補給で水分が蒸発して肌が乾燥
化粧品でもクレンジングクリームを使いながら大人ニキビで乾燥肌の場合は保湿が大事?
だとつい最近で恥ずかしいですが痛感しています。
化粧品でもクレンジングクリームが良さげ?

洗顔後に炭酸パックをたまに使用します。

洗顔後
洗顔がスキンケアの基本と言われていますが、
やはりここ最近感じているのはクレンジングの刺激とかで洗顔前もそうだけど洗顔後の肌の質というか全然違うな~と思う今日このごろです。
なので洗顔と同じようにスキンケアの基本と思うのがクレンジングです。
なので、最近はシットリ系で使用感はあまりですが、刺激が少ないのを使用しています。
それだと汚れが落ちきれないと思いますが、結構しっかり落ちてくれています。

炭酸スキンケアを実践中

洗顔後
その代わりと言ってはなんですが、今は洗顔後に炭酸パックを使用しています。
最近女性の間で大きな話題となっているのが炭酸スキンケアです。
炭酸スキンケアとは炭酸ガスを利用して肌の再生化を促すという画期的なスキンケア方法です。
その中でもファブリナジェルパックは、炭酸スキンケア商品のシェアNO.1に輝いている大人気商品なのです。

炭酸パックがジェルになっているので使用しやすい

洗顔後
なぜここまで人気が出たのかというと、秘密はこだわりのジェルパックにありました。
通常炭酸パックは炭酸ガスがすぐに外へ逃げ出してしまいがちなのですがこの賞品はジェルをジャム状にすることで、
より多くの炭酸ガスを逃がさず肌の中へ吸収させるという特徴を持っています。

炭酸ガスの持続時間が長め

洗顔後
さらにジェルの中で炭酸ガスが溶けだす時間を調整することで炭酸ガスの持続時間を3時間にまで引き延ばすことに成功しているんです。
ですからお顔のパック後に、首や手ひじなどといった年齢が出やすい部分にあますことなく再利用でき、とてもお得な商品なのです。
この商品は結果がすぐに実感できる事でも人気を集めているので、ぜひ試す価値がありそうですね。
炭酸飲料も好きな方は炭酸パックが好きかというとそうではないと思います。
洗顔後に定期的に炭酸パックを使いながら大人ニキビで乾燥肌の場合は保湿が大事?と感じたので、
洗顔はスキンケアの基本だからその後の保湿にも強く影響してくると思います。
洗顔後に炭酸パックをたまに使用します。

スキンケアの基本はクレンジング&育毛剤とシャンプー列伝blog2 上へ戻る

スキンケアの基本はクレンジング&育毛剤とシャンプー列伝blog2 このページのトップヘ